いきぢから
by keiji65535
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
「一期の夢」
「人生とは一編の詩のごとくなり」うるせえ黙れ餓鬼。歯の矯正が終わったその日にホモの修道士に犯し殺されろ。自意識と虚栄心の権化が。今の俺には怒りが唯一つの真実。言葉は不要。表現は糞。血のたぎりが俺を導く。

はい全て嘘でした偽りでした虚勢でした。今思えば、それでも皆見放さないでいてくれると思っていたんだと思います。でも一方でそんな優しさが自分を弱くすると考えていた節もあります。そんなこんなも全部勘違いでした。独りで生きていこうと決めたのは他人の人生に関る勇気がなかったためでした結果自分の弱さに押し潰されて取り返しのつかない罪を犯しました相済みませんでした。

ところでものは相談ですがここで貴方が自分を赦せば自分は今度こそ人間らしく生きられる気がするやり直せる予感があるそれに貴方も人間的に一皮むけるいいことづくめの万々歳しかし貴方が自分を断罪すれば自分はこの先ただの狂人として一生を終えることになるでしょう

あ駄目ですか赦してはもらえないのですかそうですかただ思うんですが自分の様な存在が現出したってのも生態系が生み出した1つの自浄作用じゃないですかねだってちょっと人類多すぎると思いませんかまあどうでもいいですけどねそれより腹減りませんかうどんでも一緒にどうですか

それかカレーでも

それ何ですか

刃物ですか

なるほどそれで芋をね

しかし臭いねここは
[PR]
by keiji65535 | 2007-09-17 23:28 | 虚妄